医療放射線画像技術へtホームページへ

こちらのページは医療超音波検査技術の初歩の初歩について掲載しています。人体解剖や装置の使い方や設定の仕方を理解できていない人への情報ページです。超音波基礎物理と人体血管解剖の理解で解決!

医療画像検査の基本についての目次医療画像検査技術、 超音波技術トップページへ 放射線撮影技術トップページへ 画像検査基礎技術 技術資料1  

 事業所について   ホームページトップヘ 超音波理論は水の音速と性質でその関係情報ページへ 医療技術ブログへ

あなたは人体立体解剖を把握していますか:超音波検査を行う人は一度立体血管模型を作って人体臓器の空間把握の理解度を確認ください

臓器の状態(癌や炎症の場合)に応じて血管は径の変化や血流に対して特異性を持ちます。血管がナビゲーションとなるのでどの臓器にどのような血流状態の異変が察知できます。異常所見位置情報も血管で表示するのが医師への情報提供に対して信頼性が高くなります

習得ください模型作成のマニュアルです。A4に印刷されて工芸用ワイヤーで骨組みを作り造花の手芸用テープ(ない場合に荷造り用テープ)で肉付け色分けして立体模型を構築ください。参考に放射線技師にお願いしてCTの3D血管画像を作成してもらい、角度 や長さ 太さを決定ください

上腹部4管の設計図は70パーセントの走行(1998年発行消化管外科手術マニュアルに掲載されていた血管解剖)情報として利用してます

上腹部動脈、静脈門脈胆道4管作成マニュアル

コロナリー作成マニュアル1

頸動脈作成マニュアル

 

医療画像検査トップへ


デジタルラジオグラフィーは低コントラスト分解能が非常に高く、ほんのわずかな異物を病変のように描画してしまう

特に超音波検査後の着衣の乱れやエコーゼリーの拭き残しは写真に明瞭に映し出されることを念頭に入れて検査施行ください

超音波検査士になるための初歩の技術と超音波の原理を解説

医療放射線技術デジタルイメージングアーチファクト強調について超音波ゼリー注意

初心者のための超音波動画 

水が生命の基本エネルギー:医療に欠かせない良い水とは

水の密度は4℃でMax,音速は75℃でMax,気体に変わる温度100℃、凍る温度0℃(物理学者は真水は凍らないと説明していた)

人体の70パーセント程度が水分と言われておりその水の挙動生理げ区を極めると更に検査技術を高めることができる

 

デジタル装置は設定を誤ると誤診や見逃しにつながる情報提供に陥る。

超音波基礎物理は基本中の基本で超音波医学会発行の超音波検査士認定試験問題を最低60パーセント理解できるレベルに習得ください:誰も教えてくれる人はいないのが現状です。ご自身で習得ください、わからないところを先輩に質問して理解度をスピードアップしてください

超音波技術の基本は音の性質で決まります。音の性質は不変であります。一度だけの習得努力で済むのです

 

参考模型